スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貨物船同士衝突、2人不明=船長重傷、1隻沈没-鳴門海峡・徳島(時事通信)

 28日午前0時15分ごろ、徳島県鳴門市沖の鳴門海峡で、船舶会社「アジアシップトレーダー」(広島県江田島市)所有の貨物船「日進丸」(199トン、日本人4人乗り組み)とマーシャル諸島船籍の貨物船「OUTSAILING(アウトセーリング)9」(2926トン、中国人15人乗り組み)が衝突した。日進丸は沈没し、4人全員が船から自力脱出したが、2人が行方不明になった。
 徳島海上保安部によると、行方不明になっているのは、1等航海士千原伸也さん(36)=熊本県上天草市=と機関長堀金幸治さん(59)=松山市=。日進丸は、鳴門海峡に架かる大鳴門橋から南へ約1.5キロ離れた瀬戸内海の海底(水深約110メートル)で発見された。船長の増山博士さん(48)=長崎県平戸市=と2等航海士山口正明さん(69)=愛媛県愛南町=は相手の船に救助され、病院に搬送された。増山さんは腰の骨を折る重傷で、山口さんにけがはないという。中国人乗組員にけが人はおらず、アウトセーリング9は徳島県小松島港まで自力航行した。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
貨物船同士衝突、2人不明=1隻沈没
バイオ燃料船で世界一周=「環境保護の戦士」自任
14~16歳の3人死傷=車が電柱に衝突
津波警戒に全力=鳩山首相「一人の被害も出さない」

郵政グループ株式「もちろん公開」亀井氏(読売新聞)
結果次第で見直し?6月までに子ども手当試算(読売新聞)
遅刻「事務方のミス」、総務相が課長ら4人更迭(読売新聞)
<人事>防衛省(毎日新聞)
NYT社がシンガポール首相らに謝罪 合意違反の記事掲載で1千万円支払い(産経新聞)
スポンサーサイト

<国立大評価制度>交付金増額…トップは奈良先端大学院大(毎日新聞)

 04年4月の国立大学法人化に伴い導入された評価制度の結果によって、各大学への10年度の運営費交付金を傾斜配分した内訳を25日、文部科学省が明らかにした。国立大の総支出の6%を占める一般管理費のうちの1%、約16億円を評価に応じて再配分した。評価が高く最も増額となったのは奈良先端科学技術大学院大で400万円増となった。

 国立大は、活性化を目指して法人化され、同時に第三者による評価が義務付けられた。大学自らが教育、研究、業務改善、財務改善などについて6年間の中期目標を立て、達成状況を同省の国立大学法人評価委員会が「非常に優れている」「良好」「おおむね良好」「不十分」などと5段階などで評価している。

 今回、09年3月にまとまった04~07年度分の評価が数値化された。

 同省は「運営費交付金は大学の基盤の費用なので、露骨に差をつけるわけにはいかなかった。一般管理費を対象としたのは、理事や事務職員の人件費で直接、学生の教育に影響のない部分なため」と話した。【本橋和夫】

秋篠宮さま、眞子さまラオスへご旅行(産経新聞)
<鳩山首相>「日米同盟基軸の方針揺るがず」防大卒業式で(毎日新聞)
特定看護師創設、「今後を注視」―日医(医療介護CBニュース)
停電、埼京線など4700人缶詰め=最長3時間25分運転見合わせ-架線にケーブル(時事通信)
<同意人事>原子力安全委員は原案通り決定へ(毎日新聞)

110番、4時間で295回も…業務妨害容疑(読売新聞)

 千葉県警船橋署は、大阪市西成区萩之茶屋、建設作業員松下三雄容疑者(55)を業務妨害の疑いで逮捕したと、19日発表した。

 発表によると、松下容疑者は昨年10月20日午後4時55分頃から午後8時40分頃までの間、無言を続けたり意味不明の言いがかりをつけたりする110番を船橋市内から携帯電話で295回かけ、県警本部通信指令課員の業務を妨害した疑い。

百貨店→駅 高級店舗が続々シフト(産経新聞)
<大洋薬品工業>配合量誤り業務停止へ 岐阜県が方針固める(毎日新聞)
副検事「作文や脅迫していない」…郵便不正公判(読売新聞)
カート暴走、運転手書類送検(産経新聞)
半数以上「地方移管」を=国出先の仕分け結果-知事会PT(時事通信)

架線トラブル、全線で運転再開 閉じ込められた乗客は計4700人(産経新聞)

 JR東日本東京支社によると、目白駅付近で23日夜に発生した架線トラブルにより、運転を見合わせていた埼京線と湘南新宿ラインが午後10時45分ごろ、全線で運転を再開した。これで運転を見合わせている区間はなくなった。

 また、駅と駅の間で立ち往生した電車は計3本で、計約4700人が電車内に一時閉じ込められていたことも分かった。東京消防庁によると、電車に閉じ込められていたとみられる21歳と25歳の女性が気分が悪くなるなどして、救急搬送された。

【関連記事】
山手線内回りも運転再開 体調不良で女性2人が搬送
埼京線と湘南新宿ラインで架線トラブル 乗客2千人が車内に閉じ込め
山手線などの架線トラブルはパラボラアンテナ落下が原因
東急東横線でも男性はねられ運転見合わせ 目黒
高円寺駅で飛び込み JR中央線 東京-高尾の快速運転見合わせ

上申書殺人控訴審判決 元暴力団組長に(産経新聞)
医療提供者含む国民の声反映を-温暖化対策基本法案で日医(医療介護CBニュース)
<人事>防衛省(毎日新聞)
<バッハ博物館>再開館 展示スペース2倍に(毎日新聞)
教科書掲載、200年来の謎「原形質流動」メカニズムを初解明 京大(産経新聞)

小沢、与謝野両氏が会談!? 「連携の可能性」憶測呼ぶ(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長と自民党の与謝野馨元財務相が18日、都内で開かれた国際草の根交流センター(ジョン万次郎財団)の理事会で顔を合わせた。

 与謝野氏は理事会終了後、記者団に、「社会事業やってますから。(小沢氏とは)全然、全然!」とけむに巻いた。しかし、出席者によると、5分遅れて到着した小沢氏に、隣にいた与謝野氏が「困ってますよ」と言うと、小沢氏は「大変だろう」と応じ、終了後には、共通の趣味である囲碁の話題で盛り上がったという。

 両氏は平成20年秋に囲碁対局を行った。この直後に自民、民主両党の「大連立構想」が浮上したため、与謝野氏が水面下で当時の福田康夫首相と小沢氏とのパイプ役を果たしていたとみられた。

 与謝野氏は現在、新党結成を視野に入れ、党執行部の批判をしているのに対し、小沢氏は党内の一部から「政治とカネ」問題に絡み、幹事長職の辞任要求を突きつけられている。それだけに、理事会での接触は、「今後の連携の可能性を思わせる」(自民党若手)との憶測を呼んでいる。

 小沢氏は財団の会長、与謝野氏は副会長をそれぞれ務めている。

【関連記事】
来週にも谷垣-与謝野会談 邦夫氏は「あわてない、急がない」
邦夫龍馬、結局「はぐれ鳥」…小池氏にラブコールも「論外」フラれ
小沢“敵失”にニヤリ 邦夫離党「戦わずして自民は自壊」
生方副幹事長、辞任拒否 「小沢氏は元秘書ら3人逮捕されているのに…」
小沢幹事長、鳩山邦夫氏との連携「全く考えず」
20年後、日本はありますか?

主に陸で活動した両生類=3億年前の化石発見-米国(時事通信)
「目が疲れる」「現場に近づけない」=サリン被害者、症状継続-事件から15年(時事通信)
<三笠宮さま>白内障で入院 17日に手術(毎日新聞)
<鳩山首相>「弟・邦夫氏と連携するつもりもない」(毎日新聞)
自衛隊移転も検討=普天間、ホワイトビーチ沖案で-官房長官(時事通信)

勤務中に株、競馬 消防署長と副署長 吹田南署(産経新聞)

 大阪府吹田市の吹田南消防署の50代の署長と副署長が、勤務時間中にインターネットで株取引などをしていた疑いのあることが15日、分かった。市消防局によると、2人は調査に対して不適切な行為があったことを認めているといい、市は「速やかに処分を決定したい」としている。

 市消防局によると、今月上旬、署長と副署長が勤務時間中にパソコンなどを使った株取引や競馬をしているなどとする内容の投書があった。このため2人に事情を聴いたところ、事実を認めたという。

 市消防局は「さらに詳しい事情を聴いた上で適正に処分したい」としている。

堀江被告の資産差し押え=テレビなど、元株主申し立て-東京地裁(時事通信)
民主・藤田国際局長米紙に反論 「同時テロ陰謀論言っていない」(J-CASTニュース)
<シー・シェパード>今後の展開に不安の声も 船長逮捕(毎日新聞)
「環境テロを許すな」SS到着の晴海埠頭は騒然(産経新聞)
首相動静(3月11日)(時事通信)

<日本郵政>郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)

 日本郵政は14日、郵政民営化に伴い、郵便局内に設置していた傘下会社間の仕切りを4月末までにすべて撤去すると発表した。

 仕切りは、07年の民営化で、持ち株会社の日本郵政と、郵便や貯金など4事業会社に分割した際、各社間の業務をはっきり分けるため、同じフロアに複数の会社の直営窓口がある約2800局に設置した。

 しかし、民営化見直しを進める亀井静香金融・郵政担当相が「民営化による縦割りの象徴で、グループの一体感が失われた」と批判。郵便、貯金、保険など、傘下会社のサービスを一体的に提供できる環境作りのため、取り払うことを決めた。

 東京都大田区の蒲田郵便局では14日午前、郵便局会社とゆうちょ銀行の窓口を隔てる仕切り(高さ約2メートル)を撤去。カウンター内が一望のもとに見渡せるようになった。今後、両社の境界が分かるよう低い棚を置くことなどを検討する。【中井正裕】

【関連ニュース】
顧客情報紛失:ゆうちょ銀行荒川店で3万人分
ゆうちょ銀:5万件分記録のFD紛失 東京・田園調布店
国民新党:ゆうちょ限度額、引き上げを要望
ゆうちょ銀:地域金融機関に出資へ 信金、信組と協業
個人情報:3万人顧客情報、ゆうちょ銀荒川店が紛失

茨城空港が開港へ=定期便2路線、需要拡大が課題(時事通信)
札幌介護施設火災7人死亡 法のすきま、悲劇再び(産経新聞)
カード詐欺の疑いで韓国籍の主犯格逮捕(産経新聞)
首相、危うい「県外固執」 腹案は「徳之島」 米側、難色示す可能性(産経新聞)
支持率低下、「政治とカネ」も=官房長官(時事通信)

「温暖化対策」連携で合意=日・デンマーク首脳会談(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は8日夜、首相官邸でデンマークのラスムセン首相と会談し、地球温暖化対策での連携を強化することで合意した。鳩山首相は会談後の共同記者会見で、年末にメキシコで開催される国連気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)について、「何としても成功させるため(両国が)協力することになった」と述べた。
 会談では、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)や自由貿易協定(FTA)の締結に向け、交渉を本格化させることでも一致。アフガニスタン支援やソマリア沖の海賊対策でも協力することを確認した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
特集「ソマリア沖の海賊」=ソマリアの現状と歴史
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
沖縄の理解なしに決めぬ=普天間移設先
トヨタ社長が鳩山首相に説明=大規模リコール問題受け会談

第二京阪道路 高速道を地車走る?全通前の祝賀イベント(毎日新聞)
外国人が住む町 歩み寄りなく遠い「共生」(産経新聞)
<取り調べ可視化>議連が国会提出申し入れ(毎日新聞)
政府の休日分散化案 全国5地区で順番に取得(産経新聞)
<教育と新聞>全国小・中学校・PTA新聞コンクール表彰式(毎日新聞)

普天間移設 社民、国民新が候補地提案 月内に政府案策定(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、8日の政府・与党の沖縄基地問題検討委員会で、社民、国民新両党は移設候補地を正式に提案した。社民党はグアム移転など国外移設案と、次善の策として期限付きでの国内移設案などを提示。国民新党は15年後の在沖縄米海兵隊の全面撤退を条件にキャンプ・シュワブ(同県名護市など)陸上部への移設など2案を出した。

 委員長を務める平野博文官房長官は自らの案の提示を控えたが、シュワブ陸上部やホワイトビーチ(同県うるま市)沿岸部などへの移設を検討。ただし、政府・与党が移設候補地として挙げている地域は、過去の日米交渉の過程で浮上しながら立ち消えとなったものばかり。

 検討委は09年12月の初会合以降、8回の議論を重ねてきた。平野氏は検討委での移設先選定作業を実質的に打ち切り、水面下で候補地を絞り込む意向だ。与党の党首級による基本政策閣僚委員会を経て、月内に政府案を策定する考え。

 鳩山由紀夫首相は8日夕、首相官邸で記者団に「沖縄をはじめとする国民の理解を頂かなければ、最終的な移設先が決まるわけもない。国民、特に沖縄県民の理解が得られる案に集約させるプロセスが必要になってくる」と述べ、県民への配慮を重ねて強調した。

【関連ニュース】
シュワブ陸上案:「決議を超えてやるケースも」官房長官
シュワブ陸上案:反対意見書可決 名護市議会
北沢防衛相:受け入れ自治体には振興策を 普天間移設で
前原氏:沖縄県知事らと意見交換 普天間問題やりとりなく
米国務次官補:普天間協議「柔軟に」…現行計画ベスト不変

「内閣改造の発想ない」 支持率3割台突入で首相 打開策にも言及(産経新聞)
「竹島問題の根拠示せ」拓大教授が北教組に質問状 (産経新聞)
個人の自由?家族解体? 選択的夫婦別姓、議論沸騰(産経新聞)
<窃盗>勤務先から缶ビール864ケース 愛知(毎日新聞)
JR東海道線 尼崎駅構内で信号故障 一部で運転見合わせ(毎日新聞)

普天間、難点だらけ乱立移設案…県内も国外も(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題で、鳩山首相は4日、3月中の意見集約に向けて調整を加速させる方針を表明した。

 だが、政府・与党で浮上している案は、地元と米国の合意形成が困難視されるものばかりだ。

 ◆沖縄県内◆

 「(政府は)何をやろうとしているのか」。沖縄県の仲井真弘多知事は4日、那覇市内で、県内移設案が次々と出てくる現状への不満を記者団にぶちまけた。

 同日上京した知事は、平野官房長官と電話で会談し、政府内の現在の検討状況の説明と面談を求めた。だが、長官は、2日のルース駐日米大使との会談の詳細は語らず、知事と直接面談することも日程調整がつかないと返答。日米交渉がすでに微妙な時期に入っていることをうかがわせた。

 陸上部案は、500メートル級、あるいは1500メートル級の滑走路を米軍キャンプ・シュワブ(名護市など)内に建設し、海兵隊のヘリ発着訓練を国内の島や自衛隊施設などに移転する計画だ。

 しかし、陸上部案はシュワブの沿岸部(名護市辺野古)に建設する現行案と比べ、住宅地に滑走路が近づき、騒音や事故の危険性が高まる。地元の辺野古地区の代表は2月下旬、受け入れ反対を表明。米軍にとっても、シュワブ内での射撃訓練に支障が生じるため、2005年の日米協議で、米側はこの案を拒否した。

 陸上部案とともに、国民新党が政府・与党の沖縄基地問題検討委員会に提示する米軍嘉手納基地(嘉手納町など)への統合案も、有事の際に米本土などから飛来するヘリや戦闘機を運用できる滑走路が減ることになり、米側は拒否している。

 米軍キャンプ・ハンセン(金武町(きんちょう)など)や米軍ホワイトビーチ(うるま市)沖なども挙がるが、いずれも過去の日米協議で消えた。

 ◆県外・国外◆

 一方、社民党では福島党首が中心となり、米領グアムなどへの国外移転を主張。さらに、自衛隊大村航空基地(長崎県)など、沖縄県外への移転案がある。重野幹事長は4日の与党幹事長会談で、「議論を尽くすべきだ」と訴え、移設先決定の加速化をけん制した。しかし、米側は海兵隊の即応性を維持するためには沖縄の陸上部隊とヘリ部隊が一体であることが不可欠だとしており、県外、国外移転に応じる可能性は極めて低い。

 平野官房長官や北沢防衛相が関心を持つとされる徳之島(鹿児島県)への移設・訓練移転案も、徳之島町長は住民投票で受け入れを諮る可能性に含みを持たせるが、反対論が大勢を占めているとみられる。

 一方、米国は、5月までは日本側の動きを見守る構えだ。ただ、新たな案がまとまっても、「議論には応じるが、現行案が最善の道だ」(キャンベル国務次官補)との立場は崩さないとみられ、日米双方で「普天間の現状維持やむなし」との声が広がりつつある。

首相動静(2月26日)(時事通信)
ひったくり男、マラソン趣味・非番の警部が逮捕(読売新聞)
政調復活目指し41人結集=安住、生方氏ら民主有志(時事通信)
「大型連休分散」11年にスタート? 渋滞緩和で「もっと旅行して!」(J-CASTニュース)
<北教組事件>「逮捕者は遺憾」文科相(毎日新聞)

松島の遊覧船が運航見合わせ(読売新聞)

 宮城県気仙沼市は28日午前9時33分、大津波警報が発令されたのと同時に、災害対策本部を設置。沿岸地域の約6000世帯に避難指示を出した。

 松島町は午前9時35分、特別警戒本部を設置。同40分から防災行政無線で住民に警戒を呼び掛けた。観光客には松島観光協会を通じて注意を促し、松島湾を巡る遊覧船も午前11時から運行を見合わせた。

 利府町は28日午前9時30分に警戒本部を設置。同35分、沿岸に面した2地区の212世帯、566人に対し、配布されている防災マップに従い、高台や公民館などの施設に避難するよう指示した。七ヶ浜町も、警報発令と同時に対策本部を設置。町民に対し、「沿岸部の方は高台に避難してください」と防災無線で勧告した。

 JR東日本仙台支社は28日午前10時10分、おおむね午後0時30分~2時30分の間、一部の列車の運休を予定していると発表した。東北線の仙台~小牛田、常磐線の仙台~原ノ町、仙石線の東塩釜~石巻、石巻線の石巻~女川、気仙沼線の柳津~気仙沼の各区間などで、その他の路線も遅れや運休が予想されるという。

 宮城県警は9時33分、災害対策本部(本部長=竹内直人・県警本部長)を設置。9時50分、県警ヘリを沿岸地域に飛ばし、警戒にあたらせている。

普天間、県内移設を拒否=沖縄知事が示唆(時事通信)
<天皇陛下>内井昭蔵回顧展を鑑賞 世田谷美術館(毎日新聞)
<訃報>若槻菊枝さん94歳=バー「ノアノア」元店主(毎日新聞)
<交通事故>ひき逃げされる?男性死亡 東京・東大和市(毎日新聞)
各地で今年の最高気温、4月上旬から中旬の陽気(読売新聞)

「宙の会」結成1周年=時効撤廃訴え記念集会-東京(時事通信)

 殺人事件での時効停止と制度廃止を求める被害者遺族の会「宙(そら)の会」(宮沢良行会長)が、結成から1周年を迎えた28日、東京都内で記念集会を開催し、改めて時効の撤廃を訴えた。
 同会には現在、時効が完成した事件も含め22事件の遺族が参加。記念集会では都内のほか、北海道や愛知県、京都府、福岡県で発生した7事件の遺族が壇上に並び、家族を失った悲しみや時効に対するそれぞれの思いを発表。聴衆の中からはすすり泣く声が響いた。 

【関連ニュース】
強盗殺人事件で男に無罪判決=「自白調書の信用性に疑問」
「死刑反対」で裁判長から質問も=裁判員選任手続きで-2人死亡強盗殺人・鳥取地裁
吉田被告側「主犯はほかにいる」=福岡連続保険金殺人
「やっと逮捕、友花里に報告」=両親らコメント
自宅で死亡の女性、殺人と断定=捜査本部を設置

ブーリン家の姉妹
【近ごろ都に流行るもの】香りの空間演出 見えない力をビジネス活用(産経新聞)
<鳩山首相>ハーグ条約 批准準備に意欲示す(毎日新聞)
“お宝”必至 限定「SUGOCA」相次ぎ登場(産経新聞)
パトカー追跡中の乗用車がひき逃げ 東大阪(産経新聞)

<新幹線>さよなら「500系のぞみ」 28日で見納め(毎日新聞)

 JR西日本の新幹線電車500系のぞみ号が2月28日をもって営業を終了する。いよいよ東京駅での500系は見納めとなる。

 JR西日本が開発した500系電車は、1997年3月から新大阪-博多間で運転開始。当時世界最高時速300キロの営業運転を実現し、同年11月からはJR東海にも乗り入れ、東京-博多間で「のぞみ」として運用してきた。15メートルに及ぶ鋭くとがった先頭形状と丸みを帯びた車体、翼形パンタグラフを採用するなど、時速300キロの高速化に対応した独特のデザインで、鉄道ファンや子供たちに人気がある車両。すべての車両が電動車で16両編成9本、144両が製造された。

 現在、東京に乗り入れの500系のぞみ号は、一往復のみで、3月以降N700系に置き変わる。「のぞみ」としての使命を終えた500系は、新大阪~博多間の8両編成「こだま」として運用される。【文・写真 松田嘉徳】

【関連ニュース】
【写真特集】流線型の車体で「男の子の夢」だった 500系のぞみ
【関連】知りたい!:線路侵入騒動 「撮り鉄」の気持ち
【写真と記事で大特集】初代新幹線「ゼロ系」のすべて
【写真で見る】新幹線大図鑑 ゼロ系から最新E5系まで
【写真で見る】東北新幹線:新型車両E5系を公開 ロングノーズが特徴

<自民党>中川秀直元幹事長が勉強会 郵政改革法案阻止で(毎日新聞)
吉川元光
劇団ふるさときゃらばんが破産=全国各地で公演、負債6億円(時事通信)
日曜はダメよイタリア約80都市が自動車一斉締め出し(レスポンス)
高校授業料無償化「南米系外国人学校にも」(読売新聞)

平成22年2月22日、南海電鉄が記念入場券(読売新聞)

 日付に2が五つ並ぶ「平成22年2月22日」にちなみ、南海電鉄は「2」づくしの記念入場券を、大阪市中央区の難波駅サービスセンターで3月12日まで販売している。

 駅名に「2」が付く二色浜(大阪府貝塚市)、二里ヶ浜(和歌山市)両駅の入場券と、日付を大書した記念台紙をセットにした。1セット300円で、限定2222セットを販売する。

 22日は、両駅で記念台紙にスタンプを押して同センターに持参した先着22人にオリジナルグッズを贈る行事もあり、朝から鉄道ファンらが詰めかけた。南海電鉄担当者は「二度とないチャンスを逃さないで」。

青少年育成センター副所長を逮捕=女子中生にわいせつ容疑、否認-徳島(時事通信)
普天間「5月末に必ず結論」=社民党首と会談、先送りをけん制-官房長官(時事通信)
男性が線路1キロ走る 電車に遅れ 大阪(産経新聞)
<訃報>吉田昭さん74歳=弁護士、元神戸地裁部総括判事(毎日新聞)
整形で逃亡はさせない! 警察庁と美容外科団体が協定(産経新聞)
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。